ナースの勤続状況は転職したらよくなりますか?

ナースは転職率がかなり高い職業だと言われています。
給与や労働時間、体力や精神力の削れ具合において様々な問題を抱えている人が多いからです。
では、職場を変えることで勤務状態は改善されていくのでしょうか?


ナースが転職をしたいと思っている背景にはこんな現状がある

ナースには低い給料で相当な仕事量をこなさければならないという現実があります。
年収は平均よりも高いですが、勤務年数を重ねていっても初任給とほぼ変わらない額しかもらえないというのがあるようです。
しかしそれでも仕事量はどんどん増えていっているわけであって、給与と労働が見合わないとのことで職場を離れるという人が多いのです。
そのためナースが次なる職場に求めるのは、給与が年数や仕事量によって上がっていくことや、生活に支障が出ない程度の労働になることがほとんどになります。
また良好な人間関係を築けることを重要視しているナースも多いので、やはりこの職業には多面的な問題があるということになりますね。


実際、職場を変えたことによって勤続状況は良くなっていったのか?

転職をしてよかった、職場環境が好転したと答えるナースは多くいるようです。
看護師求人サイトやコンサルタントなどに相談をし、希望していた労働条件や良好な人間関係を得ることができた人は多いと言われています。
しかし、給料が上がるというケースはそんなにないようです。
むしろ下がったりそんなに変わらなかったりして、給与アップを目的としていた人にはがっかりな結果になってしまうこともしばしばあります。
しかしそれでも労働環境は改善されるので、結局はプラスになったと答える人のほうが多いです。
今の職場を変えたいと思っている方は、ぜひ思い切って挑戦することを考えてみてください。